アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
半人前の戯言
ブログ紹介
こんにちは!
日々苦悩してる半人前の田中です!
いたらぬ所業はあるかと思いますが、大きな心で、そしてそれよりも大きな愛で見守って下さい。
zoom RSS

さて

2011/11/19 14:19
みなさん、こんにちは。

あれ?と思ってる方も、何人かいらっしゃるかとは思います。

はい、今日で本当に最後です。



ここのところ、後始末をやっておりました。

もうほとんど終わりまして、今は会社から実家に送る荷物をまとめて送るのに、宅配便の集配待ちです。

もう、びっくりするくらいブログも書かず放置しっぱなしでした。

「忙しい」と言えばそうだったんですけど、「忙しい」という名の免罪符を掲げていたような、そんな気がします。

そんな事は言い訳にしかなりませんけどね。



これからは、実家の秋田に帰りまして、父のあとを継ごうと思います。

ちなみに、ここです。↓

http://www.a-asuka.jp/



在籍期間としては、約四年半でしたが、濃縮された期間でした。

おかげ様でいろんな経験ができました。(その陰では、いろんな失敗もしていますが)

お客様、各協力業者様、そして宮城建設スタッフ、いろんな方々への感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


四月です

2011/04/16 22:41
皆さん、こんにちは。

いかがおすごしですか?

地震以降、自分自身、少しおっくうになっております。

え?何におっくうになっているかって?

被災した住宅の養生のに奔走していたわけです。

その中でも、共通して多いのが、瓦屋根の案件です。

大概、棟瓦が崩れたという事なので、私も瓦の上にあがるわけです。



もう、察しはついているかと思うのですが、毎回、

「瓦を割ってしまわないだろうか?」

ということで、おっくうになってしまいます。

最近では、コツをつかんだせいか、おっくうは少しずつ緩和はされてきましたが、まだまだです。







さて、さしあたって何かを書き記したいと思ったわけではないですが、ブログネタということで



「もし、学生時代に戻れるなら、何をしたい?」



との言葉が目に飛び込んできたので、それについて書きたいと思います。



戻りたい時代は、やはり、大学時代でしょうか。

あんなに余りまくってた時間を有効に活用したいと、今は思います。

まずは、ギターを早々と手に入れて、


一年生で速弾きをマスター

二年生で各種スケールをマスター

三年生でメンバー召集(ガーゴイルのコピバン)

四年生でライブ三昧(留年)

もう一回四年生で卒業に向けてメンバー全員で猛勉強・・・のはずが、グレッチのホワイトファルコンが欲しくなり、バイト三昧(留年)

三度目の四年生で自分ひとりだけが残ってしまい今度こそ猛勉強・・・のはずが、初恋に堕ちて何も手つかず(留年)

留年最終年の四年生では、「私と勉強、どっちが大事なの?」と迫られる(退学)



なんてどうでしょう?

もはや、どろどろですね。

昼ドラにすらなりません。



しかし、大学時代は楽しかったですよ。

環境も、友人達も、先輩後輩も。

最高でした。

勉強はほとんどしなかったけど

あんな環境にいれた事がよかったです。

たまには、足利に遊びに行くか。





記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


だれか・・・

2010/08/28 20:22
http://www.zemaitis.net/zemaitis-GZV500MF-MBK-guitar.htm






今一番、欲しいギター。

綺麗ですよね。

かっこいいですよね。

まぁ、自分に似合うかどうかは別として





ピックアップはリアとフロントにEMG-81を積んで

六弦のペグをヒップショットに交換して




そうすると、あの音に少しは近づくだろうか。





だれか・・・















買って
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


こうみえて

2010/08/26 20:58
ちまたではなにやら、残暑と騒がれていて、いまだに信じられない今日この頃、いかがお過ごしですか?
この暑さはどこまでいくというのでしょうか?
もうとっくにK点は越えてるはずなんだけどなぁ



友人夫婦が京王線経堂駅近くに、お店を出しました(6月の事ですが)。
パン屋さんです。
「ハチイチベーカリー」って名前です。
風の噂では聞いてたのですが、なかなかいけずに・・・



ごめんねぇ



ネットで検索すると、結構ひっかかり、まぁほとんどは個人の方のブログですが、内容も

「おいしかったです」
「また行きたいです」
「皆さんもぜひ〜」

なんて言葉を多く見受けられて、安心してます。
末永く続けてもらいたいものです。



いままでいろんな職業に就いて(フリーター時代もそこそこあったので)経験してきました。

そして、いろんな人と出会いました。


中には、夢を追っかけていたり

いわゆる「自分探し」的な人もいたり

「なんかおもしろい事ないかな」が口癖の人がいたり

「働くのやだ」って人もいたり

借金まみれなのに、革ジャン買ってる人がいたり

ほんとにいろんな人がいました。


その、夢を追っかけている人の中でも、実現している、叶っている、流れに乗れそうっていう人は

ほんの一握りだなと思いました。


それは本人の頑張りが足りないからだよと、言う人がいます。

まぁ、大概はそうでしょうけども、私はどうやらそれだけではないような気がします。

それは何かはまだわかんないですけどね。


きっかけ

あと一歩

踏ん切り

思い切り



タイミング

etc...


しかし、前述の夫婦には、頑張って、しっかりと経営理念をもって、存続してもらいたいものです。




あっ、タイトルは、「こうみえて、たまにはこんな話もするんですよ」の「こうみえて」です

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いきつけの

2010/08/18 20:32
毎日毎日暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしですか?

熱中症やら騒いでるし、毎日「最高気温」を更新してるし、もはや何がほんとの情報かわかんなくなってきます。

一つほんとの情報といえば、意外におなかがへっこまない事。

こんなに汗かいてるのにさ、いいんだいいんだ・・・へん。



さて、タイトルですが、「いきつけの」です。

夏季休暇中にいきつけのバーに行きました。




もちろん一人で。




そこは新宿にあるのですが・・・まぁ、別に隠す意味はなんにもないんですけど、詳しいことは伏せときますw
・・・普通に呑みました。

生ビールジョッキで7杯くらい、マスターまかせのチューハイ4杯くらいと、途中料理も何品か注文して食べて。
店をあとにしたのが午前3時くらい。

自分の中では、全然大丈夫な量なんですが、次の日がもうダウンして、一日中、二日酔いと戦っていました。




弱くなったなと。

少しさみしくも感じます。




いきつけの店だったので、きがねなく呑んでたからその雰囲気というか、リラックスしすぎてたのかもしれません。

以前は、チーズ(モッツァレラ、ゴルゴンゾーラ、カマンベール他各種)をつまみながらバーボンをくいくいいけたものでしたが、いまじゃ、ウィスキーボンボンもだめですね(多分)



なさけなや



でも、「いきつけ」っていいですね。

気分がなんとなく軽いです。

いきつけのバー

いきつけの場所

いきつけの空間

そして、そこ特有のたゆたう時に身を任せる



今回はバーの話をしましたが、また他の「いきつけ」を紹介したいと思います。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


二回目の受験

2010/07/21 20:50
外に出て、ずっと日陰にいても汗がダラダラでてくる今日この頃、いかがお過ごしですか?

湿気もあって、もわもわしてるので、飽和状態になり、次第に自分の身体の輪郭がわからなくなってきます。

そして、自分の精神だけがそこにあるという錯覚すら覚えてきます。



だけど、はっと現実に戻ると、自分の身体の大きさに愕然として、余計ぐったりときちゃいます。




さて、いろいろと決心して、二回目の契約書を書いた後はといいますと、
少しずつ勉強してました。
だって、教室の座る位置がどんどんと前にでてきましたからね。

だけど、その時その時は授業の内容はわかるんですけど、帰ると途端にわからなくなるんです。
あれはなんででしょうね。
あんなに集中して聞いてたはずなのに、忘れちゃうんですよ。

でも、計画と法規は足きり点だけ気にしてやってた覚えがあります。

だって苦手なんですもの。

予定通りでいくと

計画 13点
法規 13点
構造 20点
施工 20点

合計 66点
一次試験突破!!

でしたが、そんなうまくいくわけもなく48点でした。
やはり、万遍なく勉強していかないとだめなんだなと気付かされた夏でした。



そして、月々の支払い額がどんどん加算されていく恐ろしさに打ち勝ちながら、なくなくペンを走らせて3回目の契約書にサインをしました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


失敗は経過 成功が結果

2010/07/03 21:08
お久しぶりです。



という言葉すら厚かましさを感じるくらい、お久しぶりです。

自分でも何言ってるかわかってないです、はい。

なななんと!!!



一年二ヶ月ぶりくらいのブログ更新となります。



ほんとお久しぶりでした。

今後もこんな感じで頑張りますので、よろしくお願いします。




さて、タイトルの言葉ですが、私の好きな言葉のうちの一つです。
意味は、昔から良く聞く「失敗は成功のもと」っていう意味ですが、
私としては、タイトルの言葉の方が、ぐっとくるわけです。

理由は・・・以前、ブログでも紹介しました、大好きなかっちょいいバンド、ガーゴイルの歌詞の中にでてくる
言葉だからです。

なんだ、そんなことかと思ったあなた!!!

そうです、そんなくらいの事です。



初めてその言葉を聴いたのは、高校生の時だから、もうかれこれ、15年くらい前でしょうか。
今では、それが、自分の指針といっても過言ではないくらい、重要なものになっています。
それだけ、当時に受けたインパクトは強かったんだなってのも思いました。

ガーゴイルの歌詞には、そんなぐっとくる言葉がいっぱい散りばめられています。
音楽性だけじゃなく、そういうのもあるから、大好きなんだなと思います。



それはさておき


なぜ、その言葉の話をしたかといいますと、

先日、この私が、宮城建設営繕事業部統括リーダーに就任しました。

その時の初心表明の中で、あまりにも緊張しすぎてて、この言葉を連発しちゃってました。

でも、それぐらい、自分の中に染み付いててるものなんだなって改めて思いました。



何度も何度も読み返してみてください。

ポイントは成功が結果の「が」です。

あきらめられないんです。

あきらめたくないんです。

そんな強い意思を感じませんか?

それに気付いた時、もっとぐっときました。



そんな強い意思と信念を持って、営繕事業部をしっかり牽引していきたいので、

よろしくお願いします。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


まずは初回受験から

2009/05/18 20:35
日曜日の強風に思わず空が飛べるのではないかと思った今日この頃、皆様いかがお過ごしですか?
あのメリーポピンズのメロディーが流れて、ひょいとジャンプしてみたものの、見事にその場に着地しました
そんな事をするような歳でもないんですが、なんとなくやってしまいました。



前回の続きです。
まずは初回からです。
大きく二つの学校があって、日建学院と総合資格学院なんですが(他にも小さいとこはありますよ)、私は総合資格学院という学校で、合格までお世話になりました。

その中でも、いろんなコースがあって、私が選択したコースは一番値のはる、二年コースでした。
というのも、一級の受験資格というのがありまして、大学卒業した私は、実務経験二年以上ないと受験すらできないのです。ですので、受験は二年目で、一年目はじっくりがっつり勉強するというコンセプトのコースがあったのです。
そこで、学校の営業さんはそんな何も知らない新卒者を対象にがんがん営業をしかけてくるわけです。

「勉強するのはこれくらいの教科書(B5サイズの、厚さは・・・例えば無料配布されるNISSENのカタログくらい)たった4冊ですよ」
「うちの受講システムはビデオ講習じゃないから理解するまで講師の方がじっくり付き合ってくれますよ」
「ちょっと高いけど、取ったら一生モノですからね」

なんて言葉につられて、受講することになりました。
いや、ほんとに高かったんですよ。
キッチンの入れ替えのリフォームができちゃうくらいです。


で、そんな「高いから」って意識も、のど元過ぎればなんとやらで、ものの見事に一年目がほぼ勉強せず、二年目はなんとか行くものの、やっつけ感だらけでした。
模試の結果も散々で、本番を迎えたら・・・38点ですよ
逆に、よくそんなにとれたなってくらいです。
試験はどれも五者択一のマークシート方式だから、あてずっぽうにやってもそれくらいは行くんじゃないでしょうか。

そんな損した感じがすごく漂う一回目でした。
何を損したって、お金もそうですけど、時間ですね。
毎週日曜日の午後の受講でしたから。それが試験まで毎週ですからね。せっかくの休みもおじゃんですよ。
合格してたらまだ報われるかもですけどね。

次回からはこんな事はしないようにと、二回目の契約書を書きながら、合格した姿へと思いを馳せました。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1


この時節が懐かしい

2009/05/13 20:54
「暑い」って言葉が定着しつつある今日このごろ、皆様いかがお過ごしですか?

私はその言葉が定着する前にすでに、部屋のエアコンが作動してました
とにかく暑さに弱いため、夏場の電気代だけは勘弁してください。
我慢できないんです
地球温暖化防止を唱えてる方、ごめんなさい。
我慢できないんです。
もし京都議定書が目の前にあったら、なかなか調印できないような気がします。
我慢できないんです



さて、とうとうこの時期がきました。
いや、今となってはぜんぜん関係ないんですが、毎年この時期になると、味の素スタジアムを思い出します。
一年に一回しか行かないところなんですが、妙に思いいれのあるところ。
何故かというと、一級建築士試験の申し込み受付場所だからです。

いや、毎年、味の素スタジアムかというと、実はそうでもなく、建築技術普及センターの時もありましたし、
他の場所の時もありましたから、必ずしもそこではないんですが、私の場合はそこが多かったですね。

とにかく待つんですよ。
受験する人がそれだけ多いって事なんですけど、多いです。
一人当たりの審査時間も長いですから、結果そうなるんですけどね。

そうです、審査あるんですよ。
申し込み用紙に住所、氏名、年齢など、定番のものから、学歴、職歴の欄もあり、職歴に至っては役職、経験した物件名とその工期など細部にわたって受験資格があるかどうかをみられます。
そして、写真も貼るんですが、あるとき、写真が小さい(あの枠より小さかった・・・そんなたいした事じゃないと思ってたんですがね・・・)っていうので撮りなおし、貼り直しですよこれまたうまいことに会場にいるんですよ・・・写真屋さんが
700円が無駄になった時もありました。(いや、そこでは1000円だったかな)

審査員は7〜8人いましたがそれでも2〜3時間はかかりましたね。
受験料は13700円(うろ覚え)とられるし、そんなこんなであんまり気分がのらないんですよ。
ただ、受理されたのみるとやっぱり気構えちゃいますよね。



一年に一度の試験なのに、そんな回数行ってるって事は、その数だけ落ちてるんですよね
5回落ちました。
6回目で合格しました。
一次試験は4教科あり、各教科25点満点、計100点の試験で、合格ラインは毎年おおよそ63点ぐらいと言われています。(現在は教科が増えたみたいで、その辺の事情はよくわかりません)
きれい、きたないは別として、センターの方で、その年の一次試験合格者数は1万人(毎年、受験者数は全国で4〜5万人)にする傾向があって、それがおおよそ63点くらいなんです。
だから、試験が簡単だったときはこれが65点になったり、逆に難しかったときは61点になったりします。
で、そこで絞られた1万人の中から二次試験、製図では4千人程度合格するしくみになっているそうです。
いまいち納得したようなしないようななんですが、そんな感じです。

ちなみに私の場合、
1回目 32点
2回目 48点
3回目 58点
4回目 62点
5回目 65点(一次合格) 二次不合格
6回目 二次合格

でした。(点数はうろ覚えですが、確かこんなだったです)
5回目のような場合、次年度の一次試験は免除されるため、二次試験のみの受験でした。
ちなみに、この6回目の時点で不合格となった場合、7回目はまた一次試験からとなります。

ちょっと長くなってしまったので、今回はこの辺で。
次回からは、この合格に至るまで、を少しずつ思い出しながら書いていければと思います。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


ピンクの絨毯

2009/04/22 20:37
日中に気温が安定なかなか安定しない今日このごろ、みなさんいかがおすごしですか?
油断するとすぐ気温が下がるため、部屋のこたつを片付けられない田中です。
そのくせ、朝夕の出勤時には半袖というあべこべなことやってます。

実は私は、よく言えば体格のいい身体つきのため、夏があまり得意ではないのです
できれば、いずこかのプレハブ冷蔵庫に入って中の食品(ハム)を貪ってたいです

というわけで、そんな暑さが到来するまでの短い期間ですが、この時期を少し楽しんだりしてます




さて、今日の午後にあるお寺での仕事をしてきました。
内容は自宅の庭の一角にモルタルを打つという仕事でした。
そして、いったら庭一面がピンクのはなびらでいっぱいでした。
みたら、木に咲いたはなびらが散っていました。
全然植栽の知識が無い為、それがなんなのかはわからなかったのですが、
ソメイヨシノよりは赤みがかった感じでした。

作業中もずっと降りしきっており、結構幻想的な中での作業だったため
時折、現世である事を忘れてしまいそうでした。

打ち終わって、最後コテでならした後も、その上にはらはらとはなびらが乗っていく様を
見てたら、なんとはなしに顔がほころんできてしまいます。



今日はそんな平和な一日でした
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スピーチ

2009/04/14 21:06
ここ最近、急に暖かくなってきたと思っても、まだ朝夕の冷え込みはしっかりとあり、
体調の崩すにはもってこいの気候の今日このごろ、皆さんいかがお過ごしですか?
私はそんな大げさに崩したわけではないのですが、鼻の奥で何かが蠢いています・・・そう何かが
良くはなってきてるんですが、まだ蠢いています。


私がフリーター時代に働いていたところの友人男女二人がこの6月の結婚式をあげることになりました。
めでたいです。
こんな不安定な状況で、流れてくるニュースは決して「明るい」とは言えないものばかり・・・
そんな中、こんなめでたい話はありません。

最初にその話を聞いた時は、嬉しい気持ちになり、真っ先に祝ってあげよう(住んでるとこが近いんです)
と思ったけど、どうしていいかいい案が思い浮かばず、
結局我が田中家恒例、「めでたい時はとりあえず寿司」の精神にのっとり、
寿司やさんの竹パックを三つと、いつも発泡酒を飲んでるって事だったからアサヒスーパードライを持って
いきました。

そして、それが功を奏したのかどうかはわかりませんが、なんと披露宴にてスピーチをすることになりました
本来は、それぞれの友人代表ということ一人ずつのはずなんですが、今回はいっぺんにってことで、
私一人みたいなんです。
持ち時間は5分。
さて何話そうか・・・もう今から気が気でなりません。
そのお願いされた時に

「三つの袋」の話はなしね

なんて言われてしまい、さらにハードルが上がったような気がするんですが、なんとか考えます。
多分、使っちゃいけない言葉ってあるんですよねそれだけはチェックしていかないととは思ってます。
その場のノリと勢いでなんとかなるもんでもなさそうなので、準備だけはしとこうと思います。


でも、ほんとにめでたいですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今年初ブログです

2009/03/25 21:46
春の足音が聞こえ、やれ卒業式だ、春休みだ、入学式だと騒々しい今日このごろ、皆さんいかがお過ごしですか?

こんな事を書くと、なにやら私に子供がいそうな感じがしますが、そんな事はございません
現在、携わっている某児童館の改修工事をやっていると、そんな行事が伝わってくるのです。



さて、我社では、その日の最後に終礼を行い、翌日の予定のすり合せや今日の報告を行なっているのですが、その後にある話材を読み上げそれについて全員がコメントをするという事をやっています。
その中のタイトルで「楽な選択より、正しい選択」というものがありました。
その文章の中で、それを実行するためには一貫性を持ちなさいと書かれていました。

読んだ時は、なかなかうまいこというなぁなんて思ってたんですが、時間が経つにつれ、ずっと頭にこびりついて離れなくなってきています。

そして思い出す度になんだか心がぎゅっとします。

今もぎゅっとしてます。

ただここで間違ってはいけない事は、「楽」なのがちょっと妥協したような、そして「正しい」のが絶対な事のような、そんな雰囲気なっていますけども、決してそんな事はないのかなと。

例えば、「ちゅうちょ」と漢字で書きたいんだけども、わからなかったとします。
・国語辞典を引いて調べる
・携帯で文字を打って変換してみる
・パソコンで文字を打って変換してみる
・電子辞書で調べる
etc...
いろんな手段があると思うのですが、どれも「正しい」。
そして「楽」なのは、普及率からいくと、携帯で調べるのがいいのでは・・・って事は・・・って事です。

なんて最もらしいことをいってますが、その文章はもっと次元の高いとこでの話ですので、こんな単純な事ではないと思います。

しかし、どちらにも正義を感じてしまうのでこれがまた頭を悩ませるのです。
でもそんな問題も、主語をつければある程度は解決できるのかなとふと思いました。
誰にとって「楽」なのか「正しい」のか。

この判断力がついて実行できるようになれば、半人前も少しは人前に近づくんじゃないかとそう感じております。













ま、そこが難しいんですけどね
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


「顔晴る」

2008/12/26 20:57
年の瀬も迫ってきた今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか?

クリスマスも無事に終わり、あと残すところの行事も歳末大売出しくらいになりました。

うちの地元でも、そこかしこで市がたっていると思います。



少しだけ時間が出来ましたので、久しぶりの更新となります



さて、タイトルですが・・・なんて読むと思いますか?
「がんばる」だそうです。
友人の金田くんのそのまた友人のブログに書いてあったみたいで、えらく気に入ったらしく、金田くんのブログに
書いてあったのをみて、自分も気に入ったので、今こうして書いてます(経緯をたどるのがめんどくさいとか言わない
でください
どうやら、その人の造語らしいのですが、意味を聞いたらとても素敵だなと思いました。

前向きにがんばっている人の顔はいつも晴れやかだから、「がんばる」は「頑張る」ではなく「顔晴る」

だそうです(大きい意味では間違ってないはずです
確かにそうだなと思うよりも、そうなるように努めなきゃいかんなと思いました。
この「顔晴る」を成立させるためには自分の中で、かなり強い前向きなベクトルをもっていないといけないはずなので
自然とこうなるには自分はまだまだだなと感じました。

今現在の自分は、そこからは程遠いとこにいます。
いや、頑張ってはいるのですが、顔晴ってないような気がします。
最近現場にいくと、いろんな職人さんから激励の言葉をいただきます。
自分ではその気はなくても、多分、なんかのオーラが出ているのでしょう、心配してか言葉をいただきます。
大変ありがたいです。
なんとか「顔晴る」ようにもっていきたいですね。

素敵な言葉だと思います。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


フランク

2008/11/15 21:04
急に寒くなり、朝、布団から出るまでに時間がかかる今日このごろ、いかがお過ごしですか?

まだ自宅で暖房器具らしいものは稼動してないですが、明日の休みにでもこたつをだそうかなんて企んでます。
でも、そうすると、必ずこたつで寝てしまい、次の日起きると喉がからからになってしまうんですよね
そうなるとわかってても、ついつい寝てしまう、睡眠への欲望には勝てそうにありません・・・

さて、タイトルですが、これは「フランク・シナトラ」でも「フランク・ザッパ」でも「フランキー堺」でもありません。
たまにはフランクな話でもと思いまして、こんなタイトルつけてみました。
流す感じで読んで下さい。



私の趣味についてなんですけど、いくつかあるんですがそのうちの一つに「ギター」があります。
へたくそですが
いっちょまえにバンドも組んでます。
まだライヴは一度きりしかやってないですが

バンドメンバー全員が共通して好きなバンドがいて、そのコピーをやってるんですよ。
そのバンドってのは「gargoyle(ガーゴイル)」って名前です。
ジャンルでいうとHR/HMに分類されるはずなんですが、そんな事はさておき、日本人です。

http://firstcell.net/gargoyle/paso_index.html

かっちょいいッス!!


今は次のライヴに向けて目下練習中ですが、なにしろソロだ、速弾きだと難関が数多くあるので弾けるようになるまで、時間がかかってしょうがないです。
難しすぎて、弾けるようになれる気がしません
でも、弾けるようになりたいので練習してます

今よくわかりたいのが「ハモリ」についてです。
gargoyleはよくハモらせてるからそれを2本のギターで再現したいんですよ。
基本的にはスコアはなく、全部耳コピなので、一本のラインはよく聴き取れるのですが、重なってる2本目がよくわからないのでいつも苦労します。
そして結局聴き取れずに2人して同じラインを弾く。
ギター2人いるのにあまりにももったいないので、なんとか理解したいわけです。
そうすれば一つの見せ所になるし、綺麗だし万々歳なんです。
3度上とか3度下とかあって、ある一定の法則があるのは間違いないと思うんですけど、それが全然わからないです。
誰か教えてください

あと、よく指が太いからい弾けないんじゃないの?なんて言われますが、そんなものはガッツでなんとかなるもんなんです。
もし指が太いから・・・なんて理由でギター弾くのをためらっている人がいたら、是非最初の一歩を踏みだして下さい。ガッツさえあれば、なんとかなるもんです。
指が細くなるわけじゃないので、あしからず

機会がありましたら、自分のギター写真でも載せてみます。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


おしごとがんばってねぇ!!

2008/11/06 20:10
前回から約1ヶ月ぶりの更新となります。

近所のコンビニで雑誌コーナーに行くと、「冬」やら「年賀状」やらの言葉を目にする機会が増えて、
否が応にも「年末」という事を意識してしまう今日この頃、いかがお過ごしですか?

私の実家は秋田県の北部、能代市(旧二ツ井町)にあるのですが、
小さい頃は確かもう雪が降ってたような気がします。
田舎からまだ連絡がないので、まだ降ってないと思いますが、やはり暖冬の影響でしょうけど、
今では降ってもそんなに積もらないです。
かいてもかいても降り続けた雪が少し懐かしく感じます。



さて、現在担当してる現場にALCが搬入されて建込中です。
外壁から建てて、その後内部の界壁等を建てこんでいきます。
本来、外部足場は建物四面にかけるんですが、そうすると、ALC搬入のレッカー作業ができなくなるので、
一面だけ残しておいて、搬入後に建てます。
その間は現場内が見えるわけです。

向かいの保育園の散歩コースが現場前らしく、午後になると保育士さんと一緒に子供達がでかけるわけです。
そうすると、現場内でせっせと仕事してる、見ず知らずの我々や職人さんにタイトルの言葉を投げかけてくれるのです。
もちろんの事、力いっぱいに、そしてがむしゃらに声をかけてくれるのです。

ああ、なんかいいなぁ

と、自分の中で浸ってしまう一時です。
そして、何かが漲る時でもあります。
人様の子供でもやはりめんこいものはめんこいですね。



そんな事も、今では足場がかかってしまい内部が見れなくなってしまっているので、なくなってしまいましたが、
またがむしゃらな声が聞けるように、それに負けないくらいのがむしゃらさで竣工に向かいたいなと思いました。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 63


晴天が続いてます!!

2008/10/10 22:28
昨日の空は蒼かった!
そして、今日の空も蒼かった!
100%快晴でした!!
ここ最近の中では、一番いい空じゃないでしょうか。

空を誉めるのはこのくらいにして・・・


現在担当している現場があるのですが、そこの鉄骨建方が無事に終わりました。
この秋晴れの二日間で事故もなく終わりました。

大きな問題もなく、納まるとこにしっかり納まってようやく形となりました。
単純に嬉しく思います。

でもそれと同じくらいに、事故がなくてよかったなと思います。

現場の周辺状況を少し説明すると、
・二面道路に面してる角地
・一方は歩道
・両方の道路はかなり人通りと車通りが激しい
・道路挟んだ向かい側には幼稚園
などなど、危険要素がたくさんあるのです。
そんな中、事故もなく建ったという事が本当によかった。

心底そう思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お初にお目にかかります

2008/10/03 11:27
こんにちは!

この度、新しくブログを開設しました入社2年目の田中です。

まだまだ半人前ですが、少しずつ感じた事とか書き記していけたらと思います。

一人前には程遠いと思いますが、半歩の前進もなければそこには到達できないので、

歩みは遅くとも、そこにいけるように努力します。



それでは更新の頻度は少ないかもしれませんが、

少しずつ密かにここを活動させていきますのでよろしくお願い致します
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月別リンク

半人前の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる